大船渡高校の佐々木投手と国保監督の決断

大船渡高校の甲子園出場は残念ながら達成できませんでした。
その際佐々木投手は投げませんでした。
それまで連投で前の試合では160球以上投げていました。
チームとしては残念な結果になってしまいましたが佐々木投手の将来については
今後楽しみです。
いづれメジャーで活躍することが目に浮かびます。
この件で考えなければならないのは高野連(高校野球連盟)についてです。
球数制限をせずに登板間隔を空けることをしようとしない高野連は今まで高校野球のスター候補生を沢山つぶしてきました。
肩を壊したピッチャー達がどれほどいて夢をあきらめたか。
高野連の姿勢も考え物です。

コメント

人気の投稿